天然石ビーズのマザーオブパール(ナチュラルカラー)さざれ9-11mm

マザーオブパール(ナチュラルカラー)さざれビーズ

天然石ビーズのマザーオブパール(ナチュラルカラー)さざれ9-11mm 天然石ビーズのマザーオブパール(ナチュラルカラー)さざれ9-11mm 天然石ビーズのマザーオブパール(ナチュラルカラー)さざれ


大きさ 内容 価格 -
9-11mm
通し穴1.0mm
約 45cm
(※1)
450円
購入数

大きさ 内容 価格 -
9-11mm
通し穴1.0mm
約 90cm600円
購入数


通常の「マザーオブパール白さざれ」よりも極々わずかに淡いベージュ色がかった感じに見えます。見た目にもどことなく温かみのある色です。

母性的愛情で、人の心を包みます。

マザーオブパール」の関連商品はこちら


マザーオブパール【mother of pearl】
マザーオブパールとは真珠貝の英名で体内で真珠を育む母貝の事です。
二枚貝に限らず、真珠層を持っている貝なら真珠を生成することが可能とされています。
天然石ビーズの世界でのマザーオブパールは、ジュエリーなどに用いられる貝全般を指す名称として使われています。この名称が使用される貝も様々で、高瀬貝、アワビ、アコヤ貝、蝶貝などがあります。
真珠が様々な色彩があるように、マザーオブパールも貝の種類によって薄茶色、白色、クリーム色などカラーバリエーションがあります。
中には脱色や染色してあるものもあるようです。
マザーオブパールはビーズやカメオなどのアクセサリーとしてだけでなく、時計や楽器の装飾に、そして日本の伝統工芸・螺鈿細工の材料として使われています。
古代エジプトの女王・クレオパトラが酢に真珠を溶かしたものを美容薬として飲んでいたという伝承は有名ですが、現在でも、粉末にして薬や化粧品などにも使われているそうです。

鉱物学データ
英名 mother of pearl
和名 真珠貝 ※種類で異なる
組成 Ca2B5SiO9(OH)5 ※種類で異なる
色 白色、クリーム色、薄茶色など ※種類で異なる
結晶系 斜方晶系(微粒状結晶の積層) ※種類で異なる
硬度 3.5〜4.5 ※種類で異なる
比重 2.58 ※種類で異なる

伝承など
マザーオブパールは解熱・解毒、などに用いられた歴史を持つ宝石です。

パワーストーン 意味
マザーオブパールは海に起源をもち、真珠の核を包み込んで美しい粒へと育てることから、大きな包容力で持ち主の心を癒してくれるといわれています。恋人や家族との愛情を深めたいとき、困難に打ち克つパワーが欲しいときにおすすめのパワーストーンです。愛情をもたらし、優しさとおおらかさをはぐくんでくれるでしょう。古くは、月が落とした光のしずくや人魚の涙が貝のなかに宿ったものであると考えられていました。パールは、冠婚葬祭などの儀式で身につける宝石として親しまれていますが、これはネガティブなエネルギーを退け、よいエネルギーを呼び込み、身を守るパワーがあることに由来するといわれています。苦労を経験した人をいたわり、癒しと忍耐力を授けてくれるといいます。困難に直面しても、身を守り、災難をはね返すパワーを与えてくれるでしょう。パールは、マイナスのエネルギーを遠ざけ、環境を整えてくれるといわれています。清浄で落ち着いた空間を求める人におすすめのパワーストーンです。また、母性を高める効果をもつとされ、誠実さや機転のよさを高めてくれるでしょう。清楚な魅力が身につき、女性のよい性質が強調されるので、女性の感性をいかした仕事や活動に携わる人にもよいでしょう。また、パールは、よい縁を結ぶパワーにあふれ、美しくなりたい女性をサポートするといわれています



(※1) 内容の項目は一部商品を除きおよその数量となります。

天然石ビーズのユーテック買物カゴの中身(c) Beads Japan